どんな声でも絶対に「声優」になれる!完全初心者専用の60日間でプロの発声基礎が身につく10のボイスプロデュース

僕が2年間、プロの声優に教わってきた全てを公開します。 これから声優を目指そうと思っている人、 または既に目指し始めている人の手助けになれたら嬉しいです。 騙されたと思って読んでみてくださいね(^^♪

絶対に声優なんて目指すな!!

んにちは、松下です。

 

今回は、あなたに・・・

『声優』

という職業を忘れてもらいます!

 

すいません、、

意味が分かりませんよね?

どういうことかちゃんと説明します!

 

逆に質問します!

 

「あなたは声優の仕事って

 なんだと思いますか??」

 

アニメのキャラクターを演じること?

映画の吹き替え?

ラジオ?ボイスドラマ?

ナレーション?

 

全て正解です。

 

ですが、

もっと掘り下げてみましょー!

 

キーワードは・・・

 

『演技』

 

です。

 

演技している人って

世の中にはたくさんいますよね?

 

例えばテレビ!

テレビドラマで演技している人は

「役者」です。

 

例えば、アニメ、

映画の吹き替え、ナレーション、

スタジオでマイクに向かって

演技している人も・・・?

 

そう!

「役者」

です!!

 

演技している人は、

みんな「役者」なんです。

 

だから役者として

映像(TV、映画)の演技もするし、

役者としても舞台に立ちます。

 

そして、役者として

声優の仕事もするんです。

 

図で説明しますね ↓

f:id:voiceschool:20160607180036j:plain

 

声の仕事だけで生きていく生き方!

こんな感じです。

 

すべての仕事は、

役者の仕事です。

 

だから声優も

役者の仕事の一部

というわけです。

 

ですが、最近は、

いきなり声優を

目指してしまう方が多いです。

 

図を見ながら考えてみてください。

 

声優になってしまうと

どうなるでしょうか?

 

矢印が繋がらないですよね?

 

実は声優になってしまうと、

声優の仕事しか

できなくなってしまうんです。

 

しかも、残念なことに

企業やディレクター達は

声優は欲しがっていません。

 

欲しがっているのは

「役者」なんです。

 

「私の声が可愛いから声優になる!」

「俺はいい声だから声優になりたい!」

 

そんな考えでは、

絶対に食べてけないでしょう。

 

アニメ声だけできても

それは仕事として成立しないんです。

 

なぜかというと・・・

アニメの仕事は全体の

1割程度だからです!

 

ですが、

役者の仕事は10割です。

 

だったら目指すべきは、

「役者」

です。

 

絶対に間違わないでください!

こんな僕が自信を持っていえます!

 

ですから、

あなたは今日から

 

声優を目指すのでなく、

役者を目指してください。

 

次の記事では、

役者としての声の仕事の種類について

解説します。


アニメが1割なら

残りの9割がなんなのか・・・

その答えをお教えします。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

 

===============

【※最注目記事※】

 

実力、知識、経験0の

完全初心者でも60日間で

簡単にプロの声優として

仕事がもらえるよう具体的な方法

 

↓  プレゼント付き  ↓

voiceschool.hatenablog.com