どんな声でも絶対に「声優」になれる!完全初心者専用の60日間でプロの発声基礎が身につく10のボイスプロデュース

僕が2年間、プロの声優に教わってきた全てを公開します。 これから声優を目指そうと思っている人、 または既に目指し始めている人の手助けになれたら嬉しいです。 騙されたと思って読んでみてくださいね(^^♪

声優が話す速度の基準を言えますか?

んにちは、松下です。

 

「松下さん、こんにちは。

セリフや、ナレーションの

話すスピードって基準ありますか?」

 

と、いう質問を受けました。

ありがとうございます。

 

基準、、、あります!!

 

話すスピードに、

基準が設けられています。

 

基本的なルールなので、

この記事を読んで

確実に知っておいてくださいね。

 

セリフや、ナレーション

シーンが進む速さは、

 

ペラ一枚30秒です。

 

「ペラ??」

ペラとは、「200字詰めの原稿用紙」です。

f:id:voiceschool:20160609094829j:plain

 

学校で使う原稿用紙は、

400字なんでその半分ですね。

 

逆に原稿用紙を

1分で読み上げることが

基準です。

 

30秒で200字

60秒で400字

が基準なんです!!

 

証拠どうぞ!!

f:id:voiceschool:20160609095143j:plain

 

これを知ったときは、

目からウロコでした。

 

僕の場合は、もっと早く

話そうとしていました。

 

そのせいで

滑舌が悪くなってしまい、

「自分はなんて滑舌が悪いんだ…」

と悲しんでいる時期だったので。

 

この基準で話すことで、

僕の場合は、もうちょっと

ペース落として言えばいいんだ!

 

と、なり、

おもりを外したみたいに、

 

相手に伝えわる滑舌を手にしました。

 

なので、まず、

あなたにやってほしいのは、

自分を知ることです。

 

『STEP1』

紙とペン、ストップウォッチを

用意してください。

スマホについてるかと!

 

『STEP2』

次の文章を

紙を縦書きに書き写しましょう。

 

==

最近流行りの「パワーストーン
ブレスレッドや携帯ストラップ等、
あなたの身近にも持ってる人が
いるのではないでしょうか?

==

 

『STEP3』

用意したストップウォッチを

スタートさせ、

文章を読み上げてください。

 

※時間を測ると、

どうしても力が入ってしまうので

リラックス状態で、

時間は意識しないでください!!

 

『STEP4』

読み終わったら、

ストップウォッチを止め、

時間を確認しましょう。

 

その秒数がいまのあなたです。

このナレーションは、58文字。

 

ですので、

10-11秒が目安。

 

短い場合は、

もうちょっとペース落として

読んでも大丈夫ですよ^^

 

長い場合は、

全体的にゆったりしすぎか、

間延びしているかですね。

少しテンポ上げましょう!!

 

自分の読むスピードを体得し、

基準に持っていくことで、

 

言葉を観客に届けることが可能になります。

 

「おお!すげぇ!」と

賞賛されましょう!!

 

早速、紙を用意して、

やってみてくださいねー♪

 

感想いただけると嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき

本当にありがとうございました!

===============

【※最注目記事※】

 

実力、知識、経験0の

完全初心者でも60日間で

簡単にプロの声優として

仕事がもらえるよう具体的な方法

 

↓  プレゼント付き  ↓

voiceschool.hatenablog.com